ザイグルパーティーとザイグルあぶりん(炙輪)の違いは5つ

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんの違いは5つ

ザイグルパーティーとあぶりんは見た目ソックリでも違うんです

 

「ザイグルボーイやザイグルグリルは大き過ぎる!」

 

という方に見ていただきたいのがザイグルパーティーザイグルあぶりん(炙輪)
どちらも、1人か2人で使うのにちょうどいいコンパクトタイプです。

 

見た目ソックリなパーティーとあぶりんですが、よく比べてみると価格や機能など購入前にチェックしておくべき違いが5つあります。

 

総合的に判断すると、ザイグルあぶりん(炙輪)の方が良い(※)ですが、パーティーを選ぶ方がいい場合もあります。
※ザイグルあぶりんワイドプレートセットの場合

 

当ページでは、どちらかに決める前に知っておきたい違いについて解説しました。ザイグルのコンパクトタイプを探しているなら参考にご覧ください。

 

違いのまとめだけを見るならこちら


ザイグルパーティーとザイグルあぶりんの共通点

違いの前に、ザイグルパーティーとあぶりんの共通点も確認しておいてください。

 

2人までの使用に適したコンパクトサイズ

シリーズで人気が高いのは、ザイグルグリル(現在はザイグルスマート)とザイグルボーイですが、どちらも2人で使用するには本体が大き過ぎます。
ザイグルパーティーとザイグルあぶりんは、1〜2人用に適したサイズ。大きさを気にしてザイグルの購入を見送っていた方に選ばれています。

 

サイズはほぼ同じ

幅×奥行×高さ(cm)

  • ザイグルパーティー  35.7×16.3×25.0
  • ザイグルあぶりん   34.3×16.3×25.0

ザイグルパーティーの奥行が約1cm長いだけで、奥行と高さは同じです。

 

ヒーターが上と下にあるダブル加熱方式

ザイグルパーティーとあぶりんは、本体の上下両方にヒーターがあるモデルです。これはシリーズ初の機能。

 

他のザイグルは上部ヒーターだけなので、食材を焼くのに時間が少し長めにかかっていました。

 

ザイグルパーティーとザイグルボーイの加熱方式を比較

 

単純に上下加熱にしただけでは煙と匂いが出てしまうため、それぞれの火力は低めに調節。
ザイグルパーティーとザイグル炙輪は、上下の2方向加熱で煙や匂いを抑えながら調理時間の短縮を実現したモデルです。

 

加熱方法は上下同時と上部ヒーターのみの2パターンに切り替え可能で、早く焼きたい時とじっくり焼きたい時で使い分けもできます。

 

ザイグルのいいところは残しつつ、焼き時間を短縮させたのがパーティーとあぶりんです。

 

煙・匂い・油ハネが少ない

自宅焼肉でストレスになる煙は、「油煙」と呼ばれる油が燃えて発生する煙です。ザイグルシリーズのプレートは、食材から出る脂(油)を効率よく排出できるように傾斜と溝がついており、中央に穴があいています。

 

パーティーとあぶりんのプレートも同じ仕組みになっていて、油が燃えにくいため煙はほとんど出ません。

 

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんのプレートの特徴

 

油煙は部屋に焼肉臭が残る原因。油煙を抑えられれば部屋に匂いがしみつくのを予防できます。

 

油ハネはプレートが小さいため、他のモデルよりは発生しやすくなりますが、床まで跳ねるほどではありません。ヒーターを上下同時に使い続けると油が跳ねやすくなるので、途中で上部ヒーターに切り替えるといいでしょう。

 

遠赤外線調理

パーティー、あぶりん共に、上部ヒーターは遠赤外線を照射するカーボンヒーターを採用。プレートを遠赤外線で温めるホットプレートはよくありますが、ザイグルは食材に直接遠赤外線を当てる直火タイプです。

 

ザイグルあぶりんの調理例

画像:ザイグルあぶりん販売ページ(楽天)

 

遠赤効果で外と中を同時に加熱できるため、焦がすことなく肉、魚、さつまいもなどを焼くことができます。外側は香ばしくカリッと、中はふっくらジューシー。コンロやレンジで調理するのとは違った肉や魚、野菜を楽しむことができます。

 

ここまでをまとめると、ザイグルパーティーもザイグルあぶりんも、ザイグルシリーズが評価されている特徴を守りつつ進化したモデルということです。

 

次に2つのモデルの違いを紹介します。

違い1.「機能・仕様」

ザイグルパーティーとザイグルボーイの機能の違い

 

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんには、本体の機能・仕様で違いがあります。
・油受けトレーの引き出し方
・首振り機能
この2つです。

 

油受けトレーの引き出し方の違いは、気にするほどのことではなく、正直どちらでも構いません。

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんの油受けトレーの違い

 

大きく違うのは首振り機能の有無。

ザイグルあぶりんの首振り機能イメージ図

ザイグルあぶりんのヒーターは左右に動かすことができる

 

ザイグルパーティーはヒーターを動かすことができません。

 

首振り機能は調理済みの料理を取り出す時に便利。1度にたくさんの料理を取り出したい時や、大きい食材を調理する時に活躍します。
※ヒーターを点灯したまま動かしても自動で消灯する安全装置つき

 

ただ、焼肉では首振り機能にそれほど価値は感じられません。
焼肉ならわざわざヒーターを動かさなくてもトングや箸で簡単に取ることができますし、毎回ヒーターを動かすのは逆に面倒です。
また、機能が1つ多いということは故障の原因にもなり得ます。

 

とは言え、ヒーターを動かせる方が便利なシーンもあります。
焼魚をプレートにのせたままで食べたい時なんかは、ヒーターを横向けてしまった方が圧倒的に使いやすいですし、あとで紹介する「ワイドプレート」を利用する時にも便利です。

 

不要ならヒーターを動かさなければいいだけなので、ザイグルあぶりんの首振り機能はあるに越したことはないでしょう。


違い2.「プレートの種類」

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんでは、使えるプレートに違いがあります。まず、どんなプレートがあるのかご覧になってください。

 

プレートの違いを見てから、次に紹介する価格の比較をすると、欲しい方を決めやすくなります。

 

本体に同梱されている標準プレート

ザイグルパーティー標準プレート2種類

 

ザイグルあぶりん標準プレート1種類

 

ザイグルパーティーには最初から違う種類のプレートが2枚ついていて、ザイグルあぶりんは1枚のみです。

 

 

 

ワイドプレート(別売またはセット販売)

ザイグルパーティーワイドプレート1種類

 

ザイグルあぶりんワイドプレート2種類

 

ワイドプレートは名前のとおり、標準プレートを大きくしたものです。

 

ザイグルパーティーのワイドプレートは1種類のみ。セット品で買うか別売りで後から購入することもできます。

 

ザイグルあぶりんには2種類のワイドプレートがありますが、2020年11月時点ではセット品でしか手に入りません。
いつか別売りで購入できるようになるかもしれませんが、今までの傾向だとかなり割高になるでしょう。

 

 

 

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんで使えるプレートまとめ

ザイグル
パーティー

ザイグル
あぶりん

本体同梱
グリルプレート

本体同梱
フラットプレート

×

オプション
ワイドグリルプレート

オプション
ワイドフラットプレート

×

 

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんで使えるプレート一覧

 

ザイグルパーティー派

  • 食事量が少ない
  • 2人以上で使うことがない
  • ワイドプレートは必要ない

標準プレートが2枚付いているザイグルパーティーが向いています。

 

ザイグルあぶりん派

  • 1度に多くの調理をしたい
  • 3人以上で使うかもしれない

ワイドプレートが2種類あるザイグルあぶりんが向いています。
首振り機能で料理を取りやすいのも特徴です。

 

 

違い3「価格」

ココはおさえておきたい「価格の違い」

通常価格

セール価格
(参考価格)

ザイグル
パーティー

通常品

37,950円 29,700円

ワイドプレート
セット

42,900円 34,650円

ザイグル
あぶりん

通常品 32,780円 26,400円

ワイドプレート
セット

43,560円 29,678円


ザイグルパーティーの通常品とザイグルあぶりんのワイドプレートセットはほぼ同額です。
※セール時の価格

 

ザイグルパーティー通常品とザイグルあぶりんワイドプレートセット

これがほぼ同額。

 

冒頭で
「総合的にザイグルあぶりんが良い」と書いた理由は、同額でプレートは3枚、そのうち2枚がワイドプレートだからです。

 

どちらか迷ったら、ザイグルパーティーの価格が変わらない限り、ザイグルあぶりんのワイドプレートセットをおすすめします。

 

ただし、
・ワイドプレートはいらない
・食事量が少ない
・保管場所がない
という方には、ザイグルパーティーをおすすめします。
ワイドグリルプレートだけなら、別売りで買い足すことも可能です。

 

 


違い4.「電気代と火力」を比較

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんの電気代を比較

上下ヒーター
使用時

上部ヒーターのみ
使用時

ザイグル
パーティー

870W
23.5円/時間

500W
13.5円/時間

ザイグル
あぶりん

1100W
29.7円/時間

500W
13.5円/時間

※電気料金は1時間あたりの目安。1Kwh27円で算出


電気代はどちらも高くありません。

 

比較するなら、ザイグルパーティーの方が火力が弱いため電気代が安くなります。ただし、どちらも上部ヒーターの定格出力は同じなので、上部ヒーターだけの使用では電気代の差はありません。

 

重要なのは火力。
ザイグルシリーズは、ほとんどの人が煙や匂いの評価が高いのに対し、調理時間がもっと短ければという課題もありました。

 

タイプで分けるなら、
ザイグルパーティーは省エネタイプ
ザイグルあぶりんは火力タイプ

です。

 

調理にかかる時間を短くしたいならザイグルあぶりんをおすすめします。


違い5.「本体のカラー」

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんの本体カラーの違い

 

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんの本体カラー比較

 

ザイグルパーティーはアンティークレッドの1色のみ。

 

ザイグルあぶりんは、ゴールドとグリーンの2色。自宅のテーブルや部屋に合う色を選択できます。
ゴールドは木目調のテーブルに、グリーンは洋風のテーブルに合いそうですね。


ザイグルパーティーとザイグルあぶりん5つの違い「まとめ」と「おすすめ」

ザイグルパーティーとザイグルあぶりんどちらを選ぶ?

 

当ページで紹介した違いのまとめです。
どちらがおすすめか総合的に判断した結果もお伝えします。

 

機能面

  • 油受けトレーの引き出し方

    特別気にする必要なし

  • 首振り機能(あぶりんのみ)

    ワイドプレートを使う時に特に便利

機能面の比較詳細へ

 

使えるプレート

  • ザイグルパーティ

    └標準付属プレート2枚
    └有料オプションワイドプレート1枚

  • ザイグルあぶりん

    └標準付属プレート1枚
    └有料オプションワイドプレート2枚

 

価格を考慮すると、ザイグルあぶりんのワイドプレートセットがおすすめです。

プレートの比較詳細へ

 

価格の違い
価格で選ぶならザイグルあぶりんワイドプレートセットがお得。ザイグルパーティー通常品とほぼ同じ価格で、ワイドプレート2枚つきを購入できます。
※ただし標準プレートはグリルプレート1枚のみ

価格の比較詳細へ

 

電気代と火力
どちらも電気代は安いです。
タイプ分けするなら、ザイグルパーティーは省エネタイプ、ザイグルあぶりんはパワータイプ。

 

電気代を少しでも抑えたいならパーティー、早く焼きたいならあぶりんを選びましょう。

電気代と火力の比較詳細へ

 

本体のカラー
ザイグルパーティーは1色のみ。ザイグルらしい無難な色です。
ザイグルあぶりんはゴールドとグリーンの2色。部屋のイメージに合わせて選ぶことができます。

本体カラーの比較詳細へ

 

総合的にはザイグルあぶりん

ワイドプレートは、標準装備の小さいプレートの代わりでも使えるので、価格も考慮すると「ザイグルあぶりんワイドプレートセット」が最も優れていると思います。

 

一人暮らしでワイドプレートを使う機会がない、少食で調理する量が多くないという方は、ザイグルパーティーが向いています。使わないワイドプレートを保管しておく場所が無駄になってしまうからです。

 

個人的なおすすめ順位

 

 

 

 

口コミ件数を調査したところ、1番売れているのもザイグルあぶりんのワイドプレートセットでした。

 

外食しにくいこんな時だからこそ、自宅焼肉や自宅居酒屋で楽しく美味しく過ごしたいですね。

 

一括検索はこちら

 

 


関連ページ

レジェンド松下も絶賛!1〜2人用の「ザイグルパーティー」
従来のザイグルシリーズは大きすぎる、1人か2人用が欲しい、そんな方に今おすすめなのがザイグルパーティーです。シリーズをコンパクトにしただけではなく、ザイグルの弱点が補強されています。少人数の家焼肉、おうち居酒屋はパーティーで決まり!