【ザイグルシリーズ比較一覧】ザイグルボーイとの違いも分かる!

購入前にザイグルシリーズの特徴を比較

ザイグルシリーズを比較

 

自宅焼肉でストレスになるのが煙と匂い。

 

数日ほど残る焼肉臭にうんざりした経験はありませんか?
換気と消臭スプレーをしてもすぐ復活してしまいますよね。

 

そんな悩みを打ち消したのがザイグルです。
焼肉臭のもととなる油煙の発生を抑えるので、翌日の部屋にストレスを感じることがなくなります。

 

初代ザイグルが口コミで拡散され人気の調理家電に成長。購入者の要望に合わせて特徴の違うザイグルが登場し、シリーズ化しました。

 

ただ、ラインナップが増えたために、どれにすればいいか決められない人も増えたのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ザイグルの各モデルを比較し違いが分かるようにまとめました。
いま最も注目されているザイグルボーイとの比較にも活用できます。
※現在はザイグルボーイ2

 

ザイグル購入前の商品選びにぜひお役立てください。

 

各モデルの要点だけを見るならこちら
>>モデル別で見るザイグルの特徴と人気度

 

 


ザイグルシリーズ比較一覧

リビング煙対策画像

 

煙や匂い、油ハネを抑える機能はどのザイグルでも基本的に同じです。

 

全機種ともヒーターが上部にあるので、脂が熱源に落ちることで発生する煙(油煙)を抑えることができます。
また、プレートの温度が高温になり過ぎないので、油ハネの量も圧倒的に少ないです。
※ザイグルあぶりん(炙輪)とザイグルパーティーは下にもヒーターあり

 

この3つのポイントに加えて、さらに赤外線で調理をするのもザイグルシリーズ共通の特徴。

 

食材にもよりますが、上部ヒーターからは赤外線が出て食材とプレートを同時に加熱できるので、ひっくり返さなくても両面焼きが可能。
しかも赤外線で焼くから美味しい焼肉を楽しめます。

 

今回比較するザイグル

比較するザイグル現行モデル

 

比較するザイグル販売終了モデル

 

初代ザイグルボーイ、ザイグルグリル、ザイグルミニ、ザイグルハンサムは正規販売店で販売終了しました。一部ショップで在庫を販売しているため比較対象に残しています。

 

【直径/重さ】を比較

軽視されがちですが、ザイグルを選ぶ際に注意しないといけないのが大きさ(直径)。
食卓に置いた時に、食材や食器を置けるスペースがなくなってしまっては使い勝手が悪くなります。

 

また、赤外線ヒーターが上部に付いている都合上、本体の周囲15〜20cmほどが温かくなる点も考慮が必要です。

 

ザイグルの周囲が熱くなるイメージ

近くにビールなど冷たいものを置いておくと温くなってしまいます。

 

ザイグルシリーズ画像

奥行き 重さ
ザイグルボーイ2 370mm 440mm 約2.6kg
ザイグルプラス 400mm 400mm 約3.7kg
ザイグルスマート 320mm 320o 約2.6kg
ザイグルあぶりん 343mm 163mm 約2.5kg
ザイグルパーティー 357mm 163mm 約2.0kg


幅・奥行きは

  • テーブルに置いた時にどれくらいスペースが余るか
  • 収納場所に入れられるか

をチェックする際の参考にして下さい。

 

【高さ/高さ調節機能】を比較

高さは収納スペースを確認する時に必要になります。

 

ザイグルシリーズ画像

高さ 高さ調節機能
ザイグル

ボーイ2

360mm

なし
※アダプター別売

ザイグル

プラス

275〜
353mm

8段階
ザイグル

スマート

275〜
353mm

2段階
ザイグル

あぶりん

250mm なし
ザイグル

パーティー

250mm なし


高さ調節機能は、早く焼いたり、じっくり焼いたりの調節が可能です。
実際に使うのは2段階くらいなので、無理に8段階のザイグルプラスを選ぶ必要はありません。

 

アダプターを使うタイプは、高さ調節機能はありませんが、プレートの下にアダプターを装着することで1段高くなり、焼き時間を早めることができます。

 

ザイグルあぶりんとザイグルスマートは高さ調節はできませんが、上下ヒーターの切替で早焼きもじっくり焼きも可能です。

 

焼き時間の早さを求めるなら、

  • 1〜2人用ならザイグルあぶりん
  • 3〜4人用ならザイグルボーイ2

をおすすめします。

 

【電気代(1時間)とコードの長さ】を比較

ザイグルシリーズ画像

定格出力 電気代※1 コード
ザイグルボーイ2 1200W 約32.4円 1.5m
ザイグルプラス 1200W 約32.4円 3m
ザイグルスマート 1100W 約29.7円 1.4m

ザイグルあぶりん
※2

1100W
上500W
下600W

約29.7円
(13.5円)

1.4m

ザイグルパーティー
※2

870W
上500W
下370W

約23.5円
(13.5円)

1.5m

※1電気代は1kwhあたり27円で算出
※2電気代の()は上部ヒーターのみを使用した場合

 

電気代は1時間あたり30円前後。ザイグルパーティーは電気代が安いですが、火力が弱まるため調理時間が長くなります。

 

ザイグルプラス以外はコードが短めですが、一般的な家庭用1500Wの延長コードが使えます。
他の家電は使わず、ザイグルだけで延長コードを使うようにしてください。

 

 

【付属プレート】を比較

購入時に標準で付属しているプレートの比較表です。

 

ザイグルシリーズ画像

付属プレート
ザイグルボーイ2

・丸型プレート
・ドーム型プレート

ザイグルプラス

・2分割プレート
・フラットプレート

ザイグルスマート ・2分割プレート
ザイグルあぶりん ・グリルプレート
ザイグルパーティー

・グリルプレート
・フラットプレート

※ザイグルプラスのフラットプレートは販売店によっては付属していない場合があります

 

上記はあくまで標準付属のプレートです。
他のプレートをオプションで購入したり、セット品でお得に購入することもできます。

 

お得なセット品の例

 

ザイグルボーイ2にはスペシャルセットがあり、角型プレートと高さ調整アダプターを格段に安く購入できます。

 

ザイグルあぶりんにはワイドプレートセットがあり、標準付属のグリルプレートより大きいサイズのプレートと、同じく大きいサイズのフラットプレートを格安に購入できます。

 

 

標準付属のプレートだけではどれを選べばいいか迷うと思います。
標準プレートだけで決めるなら

  • 1〜2人用・・・ザイグルパーティー
  • 3人以上用・・・ザイグルプラス

これが無難ですが、

 

しかし、実際によく売れているのはセット品です。

 

個人的におすすめするのは

  • 1〜2人用

    ザイグルあぶりんワイドプレートセット

  • 3人以上用

    ザイグルボーイスペシャルセット

です。
現在の売れ筋もこの2品だと思います。

 

セット品については、下記のリンク先で解説しています。

 

 

次に購入前に最も気になる価格を比較します。


ザイグルシリーズの価格比較

セール画像

 

正規販売店で各モデルのセール価格(最安値)と通常価格を比較しました。

 

ほとんどのモデルは正規販売店が最安値ですが、ザイグルプラスと販売終了品は一般販売店が安いです。
価格は税込

セール価格
(最安値)

通常価格
ザイグル

ボーイ2

23,100円 34,100円
ザイグル

プラス

24,750円 39,800円
ザイグル

スマート

19,580円 25,300円
ザイグル

あぶりん

23,100円 34,100円
ザイグル

パーティー

24,750円 37,950円


セールによって価格は変動しますが、上記の価格に近ければ買い時です。
ただ、ここには売れ筋のザイグルボーイ2とザイグルあぶりんのセット品が載っていません。(ゴチャゴチャしてしまったので)

 

ザイグルボーイ2、ザイグルあぶりん、ザイグルパーティーの購入を予定されているなら、下記のページもご覧になってください。

 

 

正規販売店以外で注文する際の注意点

  • セット内容が揃っているか
  • 製品保証の有無
  • 保証の対応
  • 販売実績とショップの口コミ

ごく一部ですが、新品と思わせて中古品だったり、内容物が揃っていない、商品を送ってこない、など不正なことをする業者もあります。現行品は正規販売店か販売実績が長くて多いショップを選びましょう。


ザイグルシリーズの正規販売店

ザイグルロゴ画像

 

公式通販ショップ(正規販売店)は3つあります。

  • ナカノチャンネル
  • T.U.F
  • パナビア(ザイグルパーティーのみ)

ナカノチャンネルとT.U.Fは、どちらも正規販売店の(株)TUFが運営しており、ザイグルパーティーを除く現行品を扱っています。

 

公式通販ショップには、一般販売店と比べて以下のメリットがあります。

  • 確実に正規品が届く
  • 製品保証がついている
  • 使い方で困った時にサポートを受けられる

 

公式通販ショップは楽天、Amazon、 Yahoo!ショッピングに出店しています。

 

 

セールのタイミングが異なるので、購入前にひと通りチェックしてみてください。


モデル別で見るザイグルの特徴と人気度

以前よりシリーズの数が絞られてはいるものの、なかなか一つに決められない方も多いと思います。

 

そんな時は、次に紹介するモデル別の特徴を参考にしてみてください。
一つに決めるための手助けになると思います。

 

3〜4人用モデル

3人以上で使えるのは、ザイグルボーイ2とザイグルプラスの2品。
いま人気があるのはザイグルボーイ2です。

 

テーブルさえ広ければ2人用としても使えます。コンパクトタイプと比べて1度に多くの食材を焼けるので快適ですよ。

 

中央に支柱がなくプレートを広く使えます。通常の加熱とじっくり焼きたい時に使える「強弱切替ダイヤル」を搭載。市販のパンを温めるとサックサク!
通常のプレートと一緒にジンギスカン風焼肉を楽しめるドーム型プレートもセット。1台でいろいろな料理に活用できますよ。
角型プレートと高さ調整アダプターがセットになった「ザイグルボーイ2スペシャルセット」がおすすめ!

 

中央に支柱があるタイプは、アダプターがなくてもヒーターの高さを調整できるのが特徴。ザイグルプラスは8段階。
ザイグルシリーズは全モデルともに煙が出にくいですが、その中でももっとも煙が少ないのがザイグルプラスです。
フラットプレートがついているので流動する食材の調理も便利。支柱が邪魔になる場面もあるため、ザイグルボーイ2より使い勝手が落ちます。

 

 

1〜2人用モデル

1人か2人で使うのに適したコンパクトタイプは、ザイグルあぶりん(炙輪)、ザイグルパーティー、ザイグルスマートの3品。
コンパクトモデルで人気があるのはザイグルあぶりん(炙輪)です。

 

ザイグルあぶりんとザイグルパーティーはシリーズ初となる上下Wヒーターが特徴。特にあぶりんは従来モデルより調理時間が短くなった注目モデルです。

 

2020年最新モデル。自宅時間が増えてから購入する人が一気に増え入荷待ちになったほどです。
上下のヒーターを同時に使用すれば、従来のザイグルよりも焼き時間を短縮できますが、両方使い続けると煙が発生することも(上部ヒーターのみに切替も可能)。
大きなプレートが2枚ついた「ワイドプレートセット」がおすすめです。

 

ザイグルあぶりんより先に発売されたコンパクトモデル。シリーズ初の上下Wヒーターを搭載。唯一(株)TUF以外のパナビアが正規販売店になっています。あぶりんより火力が弱いので、ゆっくり時間をかけて食事したい人や食事量が少ない方におすすめ。省エネもできます。

 

ザイグルグリルが大きいという人向けのコンパクトタイプ。ザイグルグリルのリニューアルというよりは、ザイグルミニの再販売に近いです。ヒーターが上部だけなので、調理時間は長くなりますが、煙や匂いは炙輪よりさらに少なくなります。コンパクトタイプの丸型&ゴールドカラーが欲しい方に。

 

 

すでに当ページで紹介してきましたが、ザイグルマニアの私がおすすめするモデルはこちら。

  • 3〜4人用

    ザイグルボーイ2
    できればスペシャルセットを

  • 1〜2人用

    ザイグルあぶりん
    できればワイドプレートセットを

 

おすすめの理由

  • 中央に支柱がない方が使いやすい
  • 料理の幅が広がる
  • 実際に使っている人が多い(初代ザイグルボーイ含む)

 

欠点を挙げるなら、
ザイグルボーイ2

  • プレートを2分割できない
  • ヒーターの高さ調節にアダプターの装着が必要

ザイグルあぶりん

  • 小さいフラットプレートがついていない
  • Wヒーターを使い続けると煙が出やすくなる

 

ご参考まで。

ザイグルを使うメリット

ザイグル家族の画像

 

ザイグルを使って自宅で焼肉ができるようになると

  • 気軽に頻繁に焼肉ができる
  • 周りに知らない人がいない
  • いい食材を買っても焼肉店より安上がり
  • 遅い時間でも飲める
  • 小さな子どもがいても大丈夫

こんなメリットがあります。

 

また、ザイグルは焼肉だけではなく、スーパーで買ってきた総菜の温め直しにも力を発揮します。

 

天ぷらやフライドチキンなどの揚げ物を温めなおすと、レンジやオーブンを使うよりグッと美味しくなります。炭火焼きが美味しいのは赤外線のおかげですが、ザイグルのヒーターからも赤外線が出るので美味しく温めなおすことができます。

 

遠赤外線調理で美味しくなるのは、肉以外にも素材の味が活きる野菜、焼き立てのサンマ、外で焼いたような焼いも、餅・・・

 

簡単調理マニュアルを見ながらいろいろな料理に活用するのも楽しいです。
※ザイグルパーティーには簡単調理マニュアルがついていません


ザイグルシリーズ比較のまとめ

以前と比べてかなりシリーズ品が絞られたとはいえ、どれがいいか悩むと思います。

 

最初に考えた方がいいこと

  • 何人で使うか
  • テーブルの大きさに余裕はあるか

使い勝手が悪いとストレスになります。

 

ザイグルは一般的なホットプレートのように高温で材料を焼くことはしません。
だから煙や匂い、油ハネを抑えることができます。

 

さらに、炭火焼のように赤外線の力を使って焼いた肉や野菜、その他の食材は、素材の味を活かした美味しい仕上がりになります。
どの機種を選んでもこの特徴は体感できます。

 

もし決められないなら、
ザイグルボーイ2/スペシャルセット
ザイグルあぶりん(炙輪)/ワイドプレートセット
がおすすめ。
この2機種ならプレートや機能面で他に劣ることはありません。

 

購入するショップは、ザイグル日本総代理店のナカノチャンネルかT.U.Fをおすすめします。

  • 確実に正規品が届く
  • 製品保証がついている
  • 使い方で困った時にサポートを受けられる

 

ザイグルシリーズを最も販売している実績もあり、安心感が全然違います。
家電製品は、信頼・安心できるショップでお選びください。

 

>>モデル別で見るザイグルの特徴と人気度に戻る

 

正規販売店リンク